wimax申し込みの時点で不安になったこととは?

wimax申し込みの時点で不安に思ったのは、回線速度がどうなのかでした。
無線である為、自分が住む環境にかなり左右されるだろうという思いがあったからです。
本契約以前に、試用してみて実際の速度について見極めが可能でした。
十分な速度だったので、即時契約しました。
プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダにしたのですが、失敗したなと思っています。
確かに、金額はかなりお買い得でした。
しかし、ネット接続の不具合が頻繁に起こったり、回線速度の低下がみられたりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
プロバイダを乗り換えたのは安易な考えだったと、悔やむ気持ちです。
光ネットの契約時、回線の速度が速いと伝えられてもいうほどイメージが浮かばないですよね。
それでも、現実に使用してみると、早いという感覚はなかったとしても、遅い場合は大きなストレスになります。
普段からどのくらいの速さならば自分が心地よく利用できるのか理解しておくべきだと思います。
フレッツの通信速度が遅くなる原因として、最初に思い浮かぶのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、アクセスしようとしているサイトの閲覧が多かったりといったことでしょう。
なので、ちょっとの間だけ遅いだけなら、ある程度時間をおけばよくなる場合もあります。
ワイモバイルに乗り換えすることによって、現在の携帯料金に比べてかなり下がるとの触れ込みです。
が、本当に安くなるとは断定できないのです。
また、パケ放題のプランがない上、他社と同じように7GBまでの制限付き6千円前後かかりますから、お得な感じはしないこともあります。