クレジットカードを使って買い物依存症に・・

お金を借りようと思うときに比較検討をすることは大切だと言えますが、比較していく中でもっとも大切な条件はどの程度の金利なのかという事です。
借りたお金がたいした金額ではなく短い期間で返していけるなら金利以外の条件を優先しても良いですが、借りる額が多いとか返済期間が長くなる時にはなるべく低金利を選択するべきです。
まとめて返済する方式が可能なプロミスやアコムなどでのキャッシングなら、サービスとして無利息期間を設定している会社を利用すれば少しのお金であっても節約になります。
無利息の期間内に借りた金額を返済できればいくら借りても利息なしで済むわけなので、使い勝手が良く多くの人に利用されています。
特に一括での返済にこだわらない場合でも、無利息の期間を設定しているような業者の方が借り入れの条件も良いことが多いようですから、詳しく比較検討してみることをお勧めします。
買い物依存というのでしょうか、クレジットカードでブランド品を買いあさるようなことを続け、いざ支払いをする段になって、困り果ててしまい、慌てふためいてしまって、プロミスやアコムなどでのキャッシングでその場をしのいだのですが、今度はそちらの返済にも困ってしまい、八方塞がりの状態になってしまいました。
このままでは会社にまで知られ、問題になりかねないと退職まで頭をよぎりましたが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。
数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、家の改築資金にと用意していたお金を用立ててくれることになりました。
これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、以前のままの会社勤めをしながら頑張って返済も続けています。
同期の飲み会で、はじめてのクレカあるある話で盛り上がりました。
自分の場合は先輩に勧められて、実印を作るのと同時に、クレジットカードも持つようになりました。
それまでネットの買物は親のカードで決済していましたが、やっと自分のカードが使えます。
カードは親が受け取ってくれて、そのとき「使いすぎないようにね」と言われました。
初めてのクレジットカードは、緊張しました。
なぜって、クレジットカードにはキャッシング機能がついていて、手取りの3倍近い額をこのカードだけで借りることができるんです。
役立つときもあるのだろうけど、なんだかコワイと感じたのを覚えています。

学生、無職は審査に通らない?クレジットカード審査!【通るための条件】