個人年金保険の貯蓄方法とは

老後資金の為の貯蓄方法で注目されているのが「個人年金保険」になります。
公的資金による年金だけではありません。
老後の生活が不安だと感じている人も多いですよね。
『個人年金保険』「確定年金」「保障期間付終身年金」「終身年金」積立感覚で手軽に出来る保険です。
年金として受け取ることも一時金として受け取ることも出来ます。
※(注意):ただし、一時金の場合は年金で受け取るよりも若干金額が少ないですよね。
また税制適格特約をつければ、生命保険料控除とは別に個人年金保険料控除として、所得税で年間最高5万円で、住民税で年間3.5万円控除を受けることが出来ます。
自分の老後は自分で守る為にも個人年金保険の利用することを検討してみてください。
『個人年金保険』これは、民間の保険会社が出している商品になります。
お勧めします。
(笑顔)。
個人年金保険の様に貯蓄性の高い保険を「積立保険」と言います。
ある機関が調査した所によると、夫婦二人で老後に必要な生活費と言うのは毎月38.3万円になるそうです。
これに対して高齢者世帯の世帯平均所得額は、25.5万円となっています。
年金の支給開始年齢も引き上げとなります。
それで老後の生活が不安になるのは当たり前ですよね。
(汗)未来の自分の為に今自分で始められることですね。
それが「個人年金保険」と言うことです。
(笑顔)
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】