住宅ローンで必要な諸費用を安くするには?

住宅を購入する際に住宅ローンを利用しますが、利用する際には購入資金以外にも税金や各種手数料などの諸費用が発生します。
現金での支払いが必要なものもあるので事前に調べて準備する必要があります。
また、利用する金融機関によっては手数料なども異なりますので、支払い金額の軽減のため十分比較検討しておくことも大切です。
住宅ローンで必要な主な諸費用として、印紙代、融資事務手数料、抵当権設定登記費用、抵当権設定登記手数料、団体信用生命保険料、火災・地震保険料などがあります。
印紙代は金融機関との契約書を作成する際に納める印紙税です。
借入金額によって印紙税額も異なります。
融資事務手数料は、融資を受ける金融機関に支払う事務手数料で、金融機関によっては不要の場合もあります。
抵当権設定登記費用は、不動産に対する抵当権を登記する際に必要な登録免許税で、借入額により金額が異なります。
この登記手続きを行なう司法書士に対して抵当権設定登記費用が発生します。
団体信用生命保険料は返済の途中で死亡などした場合、火災・地震保険料は建物などを火災などで失った場合などの不測の事態に備えて加入します。