フラット35審査の特徴とは?

フラット35には「買取型」と「保証型」の2種類がありますが、保証型を取り扱っている金融機関は1機関しかないので、通常、フラット35と呼ばれる住宅ローンは買取型を意味します。
買取型の仕組みは、本審査が通り提携金融機関から借り手が融資を受け取ると、住宅金融支援機構が提携金融機関からその住宅ローンを買取り、それを担保に債権を発行して投資家から資金を調達するというものです。
投資家が支払った代金は、住宅金融支援機構が金融機関から買い取る住宅ローン資金に充てられます。
これをグルグル回しにすることで資金が運用されていくのです。
借り手が返済不能に陥った場合のリスク負担や遅延したときの立て替えは住宅金融支援機構は背負うことになります。
フラット35は審査に通りやすい?甘い住宅ローン!【おすすめ銀行は?】