フラット35で必要な印紙代っていくらぐらい?

フラット35の申し込み時に印紙代はどれくらいかかるものなのでしょうか。
印紙代と言うのは、契約締結時に契約書に貼り付ける印紙の費用です。
契約の金額によって印紙代変わってきます。
フラット35の契約が100万円〜500万円以下では2,000円、500万円〜1,000万円以下では10,000円、1,000万円〜5,000万円では20,000円、5,000万円〜1億円以下では60,000円となっています。
住宅や土地を購入するときの売買契約書や、建築工事請負契約書にもかかりますから、新築の場合にはさらに印紙代が必要になると覚えておきましょう。
融資を受け時の諸費用としては、印紙代、融資手数料、物件検査料、抵当権設定登記費用、司法書士報酬、保証料、団体屎尿保険料といったものがあります。
数十万円前後は見積もっておきましょう。